catch-img

口座振替依頼書の書き方や提出先は?よくある5つの不備

口座振替サービスを利用するためには、お取引先様の口座登録が必要です。お取引先様に口座振替依頼書をご記入いただき、金融機関に提出を行います。

サービスのお申し込みから実際に集金作業を始めるまで、2ヶ月程度お時間をいただいております。万一書類に不備があった場合、改めて手続きが必要になります。スムーズな導入のため、よくある不備や注意点をまとめました!

【口座登録に依頼書の提出が必要な理由】

口座番号を知っているだけでは、口座からお金を移動することはできません。依頼書を通じた口座名義や銀行印の照合を経て、初めて口座振替が行えます。このお手続きは原則初回利用時のみとなります。

依頼書の書き方

依頼書の記入には、銀行印と口座情報(通帳やキャッシュカードなど)が必要です。また、ゆうちょとその他金融機関で用紙が違います。お引取先様にお渡しする際にご注意ください。
●記入例(ゆうちょ銀行)
●記入例(その他金融機関

よくある不備

 1.印鑑(サイン)相違・不鮮明
金融機関へお届けされている印鑑またはサインを事前にご確認ください。またはっきり見えるように捺印またはご記入ください。

2.印鑑捺印もれ、サイン記入もれ
転写式なので記入するのは1枚だけですが、捺印またはサインは全ての紙に必要です。ご注意ください。

3.口座情報の記入誤り
通帳やキャッシュカードをご確認のうえご記入ください。
金融機関・支店名は省略せず正確にご記入ください。 合併等により金融機関名・支店名が変更されていることがありますので、最新の情報をご確認ください。

4.預金種目の選択もれ
普通(総合口座)、当座のいずれかに必ず○印をいれてください。意外と見落としがちなポイントです。

5.訂正印もれ
訂正がある場合は訂正箇所に二重線を引き、金融機関にお届けされている印鑑またはサインを訂正箇所に押印またはご記入ください。


依頼書の提出先

お取引先様ご本人、もしくは販売店様が金融機関に提出して確認を受けてください。お取引先様ご本人に提出いただくと、間違いがあった時に訂正がすぐできて対応が早いです。

関連記事

●口座振替でよくあるご質問「口座振替依頼書の提出」編
●意外と知らない?法人名の略語一覧と注意事項
●口座振替サービス導入後はどう運用するの?

ご不明な点はお電話、メールなどにて丁寧にご説明いたします。1営業日以内にご返答させていただきます。

必要経費や振替えスケジュール、取り扱い金融機関などをまとめた資料がダウンロードできます。導入を検討いただく際にぜひご活用ください。