catch-img

簡単操作・サポートも万全!SCインターネットサービス

エスシーでは簡単に請求データが作成できるシステム「SCインターネットサービス」をご契約者様に無償提供しています!パソコンとインターネット環境さえあればご利用可能ですので、新たなソフトの導入は不要です。「わざわざ新しいソフトを購入できない…」という、個人事業主様などから好評いただいております。

SCインターネットサービスで出来ること

1.請求データの作成・送信(口座振替日の10日前まで)

貴社の環境にあわせ、下記2つの方法からお選びいただけます。

①請求データを作成&送信請求データ作製画面
入力項目は「今月分請求金額」・「顧客コード変更」・「解約」の3項目です。

②お客様のお使いのシステムで作成されたデータを送信ファイル送信


2.入金結果の確認(振替日から3営業日後)

直近の口座振替の結果をシステム上で確認できます。不渡り(振替不能)のお取引先様が一覧で表示されるため、入金状況が簡単に把握できます。入金確認問い合わせ

3.請求口座のご登録(初回のみ)

金融機関にご提出された口座振替依頼書をもとに、お取引先様の情報を口座振替システムに登録します。ここで登録した情報をもとに、請求データを作成します。

どなたでも簡単に操作できるよう、口座振替に必要な作業だけをシンプルにまとめています。インターネットをご覧になったり、文字や数字の入力ができれば問題なくご利用いただけます。

便利な機能

●印刷【請求データの作成・送信】時に利用可能
「金額などの数値は画面上でなく、紙面上で確認したい」という声に応え、請求データの作成画面では編集中のデータを印刷することができます。

●前月分金額コピー【請求データの作成・送信】時に利用可能
請求データを作成する際、 請求金額が定額の場合や前月と請求金額が同じ場合、前月入力した情報がそのままコピーできます。イチから再入力する手間が省け、「作業時間が短縮できる!」と、ご好評いただいております。

●預金者氏名と使用者氏名を分けて登録可能【請求口座のご登録】時に利用可能
例えば子供さんの家賃を親御さんの口座から支払っている等、ご契約者様と振替口座の名義が違う場合、入金状況のつきあわせが面倒です。請求口座のご登録時、預金者氏名と使用者氏名を分けて登録でき、主な操作画面では使用者氏名が表示されるため、スムーズに確認できます。

主な操作画面では使用者氏名が表示されます。

※使用者氏名が預金者氏名と同じ場合は、使用者氏名の入力の必要はございません。

システムのご利用に必要な環境

●インターネットが利用できるパソコン
●Internet Explorer Version 9 以上

セキュリティについて

インターネット標準の暗号化通信プロトコルであるVeriSign社のSSLを採用し、データ情報を暗号化することでお客様の情報をお守りしておりますので、安心してご利用いただけます。


サポートも万全!

利用者様の疑問や不安を解消する手厚いサポートで、初めての方でも安心してご使用いただけます。 メールだけでなく、電話でのサポートも行っています。

関連記事

●口座振替サービス、導入までの3ステップ
●口座振替サービス導入後はどう運用するの?
●口座振替でよくあるご質問!「SCインターネトサービス」編

ご不明な点はお電話、メールなどにて丁寧にご説明いたします。1営業日以内にご返答させていただきます。

必要経費や振替えスケジュール、取り扱い金融機関などをまとめた資料がダウンロードできます。導入を検討いただく際にぜひご活用ください。